HOME > 会社概要 > 学会・セミナー活動・技術資料
企業情報

学会・セミナー活動・技術資料

 
テクノローグは、さまざまな学会での論文発表や講演・セミナー活動を実施しています。
 

講演活動

 
電子ジャーナル:河本 情報機構:河本、星野 技術情報協会:河本、星野
韓国光技術院主催 ”International Work Shop”:小熊
韓国KMPA:金森、星野 日本LEDEX JAPAN 2005(講師:河本)
韓国LED EXPO 2005&2006(講師:河本)、2007
 

当社主催講演活動

 
LED関連情報報告会(日本国内:2004年12月)
LED関連情報報告会(韓国:2005年3月)
LED関連情報報告会(中国:2006年7月)
 
 

講師・発表者紹介

 
河本 康太郎河本 康太郎 大阪大学工学部電気工学科を卒業後、株式会社東芝に入社。
管球事業部、照明事業部を経て、東芝ライテック株式会社へ移籍、研究所勤務。
その後、社団法人日本電球工業会勤務を経て、株式会社テクノローグに転職。現在に至る。

学協会・業界などでの役職(主なもののみ)

経済産業省 日本工業標準調査会臨時委員
資源エネルギー庁 省エネルギー事業計画調査員
(財)省エネルギーセンター エネルギー使用合理化専門員
東京都技術アドバイザー
IEC(国際電気技術標準会議)TC 27[工業用電気加熱]日本代表委員
IEC TC 27国内委員会 委員長
IEC TC 76[光放射の生体安全性]
・WG 9[非コヒーレント光源]日本代表委員
CIE(国際照明委員会)第6部会副部会長(兼)日本代表委員
CIE 技術委員会委員長(3件)
日本照明委員会第6部会国内委員会委員長
LED照明推進協議会・技術標準化推進委員会 分科会副リーダー
中央大学理工学部電気電子情報通信工学科 講師(非常勤)
神奈川大学工学部電子情報フロンティア工学科 講師(非常勤)

・著 書(16件)
 

発表文書

 
これまでに発表した文書内容の一部をご紹介いたします。
 
   
2006.06.25 発表者:河本 康太郎
第25回CIE(国際照明委員会)サンディエゴ大会における議論から、『人工光源からの光の人体に対する安全性の評価に関する話題』として発表した内容をご紹介します。
光の安全性と障害リスク(pdf)
   
2009.01.14 発表者:テクノローグ
LEDの多様化(特にハイパワー化)が進んでいます。近年LEDの信頼性についても重視されて来ました。LEDにとって必要となる測定技術の紹介をします。
発光ダイオード(LED)
の測定について(pdf)
   
2009.01.27 発表者:テクノローグ
LEDの明るさの追求が進んでおります。LEDの明るさを増やすために、印加電流を増やすとLEDの発熱が増えます。発熱の原因である熱抵抗に関する測定技術の紹介をします。
LED熱抵抗測定(pdf)
 
 
PDFファイルをご覧になるには	 adobe acrobat readerが必要です。 ダウンロードはこちらから